ニッポニア遠征日誌

2016年5月、愛知県より日本一周中です(迫真)

沖縄より外地遠征中の16年組日本一周チャリダーのブログです。

台湾一周サイクリングロード「環島一号」で南へ

どうもこんにちは!東南アジア南下も軌道に乗り始め、ブログ更新の余裕も生まれて只今好調、ガワです。
台湾を走り始めてから今日で5日目。問題も無くスムーズに進んでおります。


しかしこれはどうしようもないのですが、日差しが非常に強いです。
まぁ、当然ですよね。考えてみればここは石垣島とほぼ同緯度、暑くない訳が無いんだ…
まさか一月にこんな思いをするとは。この先、紫外線対策はしっかりと('Д')


台湾の天候はさておき、道路の走り易さはすんごいです。
台湾には本島をぐるっと一周出来る環島(台湾一周の意味)一号なるサイクリングロードが敷かれています。
一切途切れる事が無く道幅も広い、舗装の綺麗さも日本とは比べ物にならない程。


※自分は東側しか走っていないので西側の事は分かりませんが
東側では実際二回くらい峠の区間で途切れました(;'∀')すみません…


しかしマジで感動します。走っていて楽しいです。
このまま日本帰ったら正気を保てる自信が無いです(*´Д`)


まずはそんな台湾一周サイクリングロードについて少しご紹介します。
先程も触れましたが自分は東側しか走っていないので

西側の事情はよく分かりません(;'∀')

こちらが環島一号線。
分岐点や交差点には必ずこの標識が設置されているので迷う事は無いでしょう。

道幅は基本的にこんな感じです。街中でもこれだから凄い。
しかし峠などでは狭くなったり途切れたりします。


それでもこの快走区間が大半を占めるので正直気になりません。

そしてこちらは環島一号沿いに点在する補給地点。
トイレ、水補給、工具貸し出し、充電などのサービスを受けられるそうです。
張ろうと思えば(テント)

こちらは約3キロにも及ぶサイクリングトンネル。
ウォーキング、ランニングも禁止の完全なる自転車専用道。

時にはリバーサイドへ。


まだ200キロ位しか走っていないのに、この待遇には感動です( ;∀;)
自転車優遇され過ぎィ!


更に走り易いだけでは無く
綺麗な海岸沿いを走れたり、台湾ならではの綺麗な建築物を見れたり…
飽きる事がありません…!
そちらも少しだけご紹介します!

こちらは先ほどのトンネルを抜けた後。

山と海の景色が続いてゆきます。


続いて宜蘭市の建築物。

極彩色の建物が密集しています!!

ギラギラで派手な装飾、見てて飽きませんねぇ!
お陰で全然進めてないですよ!!

数キロ間隔でこんな建物が並びます。
見学不可避なんだよなぁ…

別アングル

近付いてみました。
お寺のようですが…細かい装飾
ちゃんと見ようと思ったら一日じゃ足りません。

続いて…お寺?
先ほどまでの建物とはスケールが違います。

お寺じゃないな…お城か何か?
ボス戦とか突入しそうな雰囲気たけど、丸腰で大丈夫?

正面。強そう。

全部紹介したい所ですが、流石にキリがないのでここで終了です( ゚Д゚)


まだ台湾での計画は書いていませんでしたが、
基本的には東側を通り高雄と言う町まで行ったら台湾は終了です。


そして東側と言えば…山道&断崖絶壁。
これより本格的に山道に入るっぽいので
また次いつ更新出来るか分かりません(;^ω^)


落ち着いたらカフェでも探して更新します!それでは山行開始です(^q^)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。