ニッポニア遠征日誌

2016年5月、愛知県より日本一周中です(迫真)

沖縄より外地遠征中の16年組日本一周チャリダーのブログです。

さらばバリ島!ヌサトゥンガラ諸島へ!

393日目。40日以上滞在したウブドを出発。
ロンボク島へ向けて走りました。


沈没明けは何故か気が重いです( ゚Д゚)


ロンボク島への船が出ているのはパダンバイと呼ばれる港町。ウブドからは30キロ強。
バリ‐ロンボク間は海流が早く、凄くゆっくり航行するそうで、ロンボクに着く頃は夜らしい。


なので今日は30キロ走って終わりの行程。
沈没明けと言う事で、丁度いい肩慣らしかも(*‘∀‘)

再出発の朝、残念ながら雨!
九時ごろには小雨になったので出発('Д')

一時間程走りとすっかり良い天気。
バリ島の国道とは思えない程穏やかな道です。

沿岸部に出ました。
遠くにうっすら見えるのはロンボク島?50キロは離れてるゾ?…

パダンバイまでは30キロ程しかないので、もそろそろ今日は走行終了(´・ω・`)


そして港へと続く道。

渋滞では無く、路駐。何待ちか知りませんが港まで繋がってます。


バイクとか自転車なら普通にすれ違えるけど、車同士の場合超大変そうだった。
どうにかならんのかいな…

そして11時過ぎ、港に到着!

埠頭もこの通り大渋滞(´・ω・`)

渋滞をくぐりぬけ、乗船!


12時発って聞いてたけど、結局船が動いたのは1時前。
まぁ今日はもう向こうの港町で一泊する予定だし、遅れてもいいんだけどさ。

さらば!バリ島!素晴らしい休息をありがとう!

客室は無く、甲板にベンチが置かれてるだけのスタイル。
外国人が自分合わせて3人、観光客かどうかは分からないけど、完全ローカル船だと思っていたのでちょっと驚きです。


他の客の中にはムスリムの姿も。そういえばロンボク島はイスラムの島らしい。
今はちょうどムスリムの断食期間、ラマダンに当たるらしくちょっとやりにくそう。

操縦室。案の定日本語。

1990年に造られた物らしく、俺より年上(*´Д`)


噂通り、何故か遠回りするし本当にゆっくり。

50キロの距離を(回り道してるので実際にはもっとあるかも)
結局6時間掛けて移動しました。自転車より遅いのね(;^ω^)

港に着いたのはもう日が沈んだ後。


そして、こっちの埠頭も大渋滞しており、更に1時間ほど船の中で待つことに。

ロンボク島上陸したころには真っ暗です!泣


ちょっと走ったら宿を発見したのでチェックイン。

晩御飯は近くの食堂にて。
気になるロンボクの物価はいかに…


これで200円強。うーん、良くも悪くもないかな(*‘∀‘)


まぁ、美味しかったからいいや!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。