ニッポニア遠征日誌

2016年5月、愛知県より日本一周中です(迫真)

沖縄より外地遠征中の16年組日本一周チャリダーのブログです。

ルソン島からミンドロ島へ、雰囲気もがらり

どうも、こんにちは(^O^)


ガワです。


前回ツーリングはスタートしたものの
結局半分以上船の話題で終わってしまいました(*´Д`)


個性的でクセのある船達だったので、それだけ紹介したかったと言う事で
今回からはガッツリ走って行きたいと思います。


2島目、ミンドロ島に上陸

バタンガスからミンドロ島までは2時間程。


上陸した時は既に午後。

この先宿のありそうな比較的大きめの村はかなり先にあったので
上陸先の港町、カラパンにてまずは宿探し。


治安の不安定なフィリピンでは野宿は厳禁。
田舎の方に行ったら出来なくもなさそうな所はありましたが
それでも宿に泊まるの方が安心です。


フィリピンの安宿だと1泊1000円もしませんから
それで安全が確保されるのなら安いモノです('Д')

宿の人に「自転車も部屋に入れな!」と言われ
相棒も部屋に押し込みました。押し倒しはしません。
若干狭いゾ(*´Д`)


~~翌日~~

フィリピンで一番オーソドックスなタイプの商店で朝食を済ませます。
基本的には水、ジュース、お菓子、カップ麺や生活品などが売られていて
中には料理を出している所も。


どんな田舎の村に行ってもこのタイプの商店が一つはあったので
水、食料に困る事はありませんでした。
最悪お菓子でもハンガーノックは防げるでしょうし…


マニラとかだとカウンターに金網が張ってあったのですが
ここではフリー。治安が良くなったという事なのでしょうか?


まぁとりあえず次なる島、パナイ島を目指して走ります。

確かにもうルソン島の様な毒々しさは無く、落ち着いた雰囲気…
町行く人々の顔もどこか穏やかだ。


しかし代わりに、道が穏やかでは無くなった( ゚Д゚)
マニラも穏やかとは言えないが、交通量が減ると共に別の問題が。


舗装が甘いというか何だか走り辛いし、道路の陥没とかは放置されてる。
手入れがされていないですねこりゃ。


更に延々と続くアップダウン。
まぁ群島国家に踏み入った時点で覚悟はしていましたがやはり。

ぐぉ…?!
道は一気に綺麗になりましたが、今度は代わりに日差しが強くなって来やがった…!


先程の道が嘘の様、とても走り易いのでガンガン進みたい所ですが
やはり朝方か夕方が勝負時ですねぇ(;^ω^)
今は温存した方が良さそう汗


昼間は木陰にでも入ってゆっくりしたい所ですが…
なんせフィリピンでは1か月しか滞在できないので
そうも言ってられません(´Д`;)


この後も道が悪くなったり良くなったりの繰り返し。
完全放置では無い様なので、ちょっと安心しました(*´Д`)

峠エリアを越えました。
終わらない坂道は無いってはっきり分かんだね(´ω`)
それにしても気持ち良い道、快走です(*‘∀‘)

その後も村や峠、平地を進む事2日…


次なる島、パナイ島への船が出ている町へ到着しました。


ミンドロ島は北西部を100キロ強掠めただけなので
特に寄り道する事も無く走っただけで終了です(; ・`д・´)
だいぶフィリピンの空気にも慣れたかと思います。


それでは次回は、パナイ島にて~

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。