ニッポニア遠征日誌

2016年5月、愛知県より日本一周中です(迫真)

沖縄より外地遠征中の16年組日本一周チャリダーのブログです。

カリマンタンからジャワ島へ。インドネシアの船旅

335日目。赤道の町ポンティアナックより、ジャワ島行きフェリーに乗船。

ポンティアナックは大きな港町、いくつも港がありました。

スマラン行きなどの大型船が出ているターミナルはコチラ。

チケットは向かいの建物で購入するようで。
別に一緒の建物でいいじゃん(*‘∀‘)


ボルネオ島とジャワ島ってお隣だけど何気に遠く、直線で700キロ以上あるっぽいです。一泊二日、45時間くらいの船旅ですね。


高そうだなーと思いつつチケットを購入するも、3500円程。
鹿児島‐沖縄のフェリーを体験している身なので、距離的にも相当安く感じます。

更に、お食事券付きだ…素晴らしい。

やはり海外の船はちょっとチェックインが面倒。
切符を見せるだけでなく、荷物検査入りました。後色々質問…

そんなこんなでいよいよ乗船。
長かったボルネオ島ともこれでお別れ。


コタキナバルのカード待ち沈没も合わせると、2ヶ月弱の滞在。
では、さらば…!

ジャワ海に出ると、一気に晴れ上がりました。

甲板に出ると、気持ち良い潮風が肌をなでます。


そして恒例の散策タイム。


ざっと周ってみた感じ、至って普通のフェリー。しかし、汚いしくさい。


室内はゴキブリ天国で、顔の横とか隣の座席とかを引っ切り無しにカサカサ。
床は見ない方が良い。


レストランはあったけど機能してない。
売店にはカップ麺とお菓子ドリンクがあったのでまぁ安心です。


トイレは何故か船の丁度真ん中にある上、換気設備が無い…
周辺の廊下まで悪臭が充満していた…中はお察し。


他に変った所というと船内にモスクがある事位でしょうか。
そういえばフィリピン船にも教会がありましたね。懐かしい。


室内はG天な上エアコンガンガンなので、用が無い時以外は常に甲板に居ました。

甲板で寝て起きて食ってました( ゚Д゚)


そして…娯楽の無い船の上では唯一のお楽しみの、晩御飯!
どんな料理かなとワクワクしながらお食事券を握りしめて列に並びます。

まぁ…予想はしていたが、最低限だ。調理雑だし。


これが後45時間かぁ…長いなぁ(*´Д`)
まぁ安いから文句は無いよ…!

夜。船で寝る事ならマルエー船で経験済みですが、甲板で寝たのは初めてだった。
夜の潮風が気持ち良い。若干肌寒いくらいで、赤道直下に居る事を忘れてしまう様な快適さ。マルエー船でも甲板で寝れば良かったかな(笑)

さあ、ジャワ島まであと30時間…!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。