ニッポニア旅行譚

2016年5月、愛知県より日本一周中です(迫真)

沖縄より外地遠征中の16年組日本一周チャリダーのブログです。

山岳戦だ!

どうも、こんにちは!ガワです。


豪アルプス八日目です。
丁度一週間が経過した辺り
休み無しに毎日山の中を走ってるので段々疲れてきました(´Д`)


とりあえず川沿いにあった山小屋を出発。
正式名称、ブラックスネーククリークハット。
カッコいい~。


マットと寝袋を畳むだけなので楽ちんです。

ダーゴ村が近付いてきた模様。

安定の牧草地。

牧草地に入ると村が近い事を実感するので、安心します。

そしてダーゴ村到着。

今まで通ってきた村の中では一番大きい村です。
ガス、食料、一通りの補給を受けれました…

またも廃車
卵の販売に利用されていました(*‘∀‘)


前々から思ってたんですけど
この辺何だかアウトバックの雰囲気がプンプンします。


開拓時代当時の写真もあったのですが、完全に内陸のそれでした。
砂漠か山かの違い。


一先ずダーゴでたっぷり補給をして、早々に次なる村オメオへ出発。


今思えば、こういう村とかで適度に休んでおくべきだったと思ってます(;´Д`)


折角ひと息つくには良い感じの村が沢山あったのに
一体何を急いでいたのか…

この日は川沿いのスペースにて。
数少ない生き残りの野営写真を添えて…

川沿いキャンプ恒例の川遊び。いや~夏ならではですね。
川遊びが気持ちいい季節で良かった。


もう地図見てこの川で今日は一泊しようと決めた時から
ずっとこの時を待ち望んでいました。一日のお楽しみ!

翌日、最近は良い天気が続いています。
しかし天気が良すぎると言うか、物凄い勢いで水を消費します。


オメオまでは山の上を走るので水は貴重品だってのに(゚д゚)

ガンガン標高を上げます(;´・ω・)

この日は途中の山小屋にて一泊しました。

山小屋と言ってもピンキリですね。
この前は薄いトタンで囲っただけの、扉も無い豪華な東屋と言った雰囲気でしたが
こちらは完全に小屋(‘∀‘)


ぐっすり眠れましたb

翌日は雲がちらほら、遠くから雷の音も聞こえます。

昨日頑張って登ったので、オメオまでは基本的に下り(´Д`)
まぁグラベルの下りですから、そこまで気持ちいい下りじゃないんですけどね。


奥の尾根付近にうっすらと下ってきた道が見えます('Д')


スピードは常に15キロ位に抑えています。


ゴツゴツのブロックタイヤでも履いとけば話は別なのでしょうが
クロスバイク故、シュワルベのマラソンですから…
ダートイケるとは言っても、そこまでガチじゃありません。

そしてお昼過ぎ、牧草地に出ました(*´Д`)

ここにも廃車。もう原型をとどめてない。

やっぱり牧草地の安心感は半端ない!

そして舗装路が…!
オメオは今までの村でも間違いなく一番大きな村です。
小さいスーパーもあるという話です。


しかしそれにしても雨雲が所々に…

結局雨に降られながらグレートアルパインウェイという
久々に大きな道に出ました。


豪アルプスを縦断する唯一の道です。

一キロほど走り、オメオに到着しました。
いやこれは久し振りにデカい!

この日はオメオにて一泊。
久し振りのキャラバンパーク泊です。


一泊1500円(;´・ω・)


倒れる様に就寝しました…


走行ルート


走行日数は3日。
この辺、3日で100キロならいいペースじゃないかと思います汗

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。