ニッポニア遠征日誌

2016年5月、愛知県より日本一周中です(迫真)

沖縄より外地遠征中の16年組日本一周チャリダーのブログです。

DESERT CYCLE

どうもこんにちは!ガワです。


今回は少し戻って、ウィリアムクリークから
砂漠に挑戦した時の事を紹介したいと思います。


ええ、まぁ、結果を言えば惨敗しました(;'∀')
あまりにも情けない結果となってしまいました


事の発端はウーナダッタで見た地図に書いてあった砂漠への道。
余裕があったら挑戦してみようと思っていました。


ウーナダッタで新たに立てた計画では
ウィリアムCKからウーナダッタトラックを外れ
砂漠を通る迂回路を使ってマリーに行くという計画でした。


そしてウィリアムCKに着く頃にはトラック走行にも大分余裕が生まれ
今回の作戦を決行しました(*´Д`)


しかし結局行きたかった目的地に辿り着く事も出来ず仕舞いで
ノコノコとウィリアムCKに逃げ帰ってきた次第でございます。


その後は最初の計画に進路を戻し
引き続きウーナダッタトラックを走る事になったのでした(;´・ω・)


…今まで散々砂漠砂漠と言ってきたれけど
あれは砂漠では無く只の荒野で
砂漠とはどういう場所なのか分かっていなかったのです。


撤退の判断が後一歩遅かったら
ウィリアムCKに戻る事すら叶わなかったでしょう。マジで。


今思い返すだけでも気が重くなる、そんな記事です(;´Д`)


まぁ今回は砂漠の厳しさを知れたという事で…


それでは出発して行きたいと思います。

この日はいつもより早めにスタート。


写真は撮り忘れたのですがウィリアムクリークから五キロ位走ったら
デザート何とか、って書いてある看板を発見しました。


ああいよいよかと実感します。

なんだか景色も荒野と言うより
それっぽーい景色です(´・ω・`)


そして

徐々に

徐々に

砂漠と化して行きます。

もう既にこの辺では漕いでる時間より
押してる時間の方が長いですね(;'∀')


まぁしかし、そんなのは想定内です。

その後も砂の大地を進み…

完全に砂漠に飲まれました。


普段これだけ進めば必ず何かしらの野生動物を見かけるものですが
この日に至っては何も見つける事が出来ません。


これが死の世界ってやつか…

午後も砂漠の世界を走りました。

難所の砂丘越え。

いや~、これがキツかった…

しかし美しい砂丘を横目に走ったり

坂を登り切った所には素晴らしい展望が広がってたり。


何気に楽しんでいました。


そして、夕方になるにつれて風が強まりました。
定期的に砂嵐に巻き込まれます。


まぁ撤退の原因はこれと言っても過言では無いでしょう。


正直押し歩きもキツかったです(;´Д`)


あまりにも風が強い物ですから
この日は一旦中断して様子を見る事にしました。


何とかテントは張れたものの全身砂まみれの嫌な気分です…


色々疲れて写真撮るのも忘れてしまいました(-_-;)


夜になっても風は収まるどころか、
勢いは増して砂嵐が容赦なくテントを襲いロクに休めませんでした(^q^)


砂漠の真ん中で嵐に襲われた夜、正直滅茶苦茶怖かったです(;・∀・)


翌日

別に砂遊びをしていた訳では無いです。
テントの隙間から砂が入り込み一晩で積もりました。


マットをどかした後撮影したものなので、実際はもっと…


結局昨日寝る事は出来ず、砂まみれです。
取っても取っても次から次へと砂嵐がやってきます。


風もまだビュービュー吹いてて
これ以上は厳しいと判断した次第であります(;´Д`)


んでまぁ、昨日と同じ砂漠の道を引き返した訳です。
撤退も中々に鬼畜でしたが、それは割愛します。
写真一枚も撮ってないし(-_-;)


しかしもし中途半端に進んで
嵐に巻き込まれたのが中間地点辺りだったら
撤退する事も出来なかったでしょう。


まぁ初日にボコボコにされただけ、まだ運が良いと言えましょう…


そんなたった二日間の情けない砂漠挑戦回でした(__)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。