ニッポニア遠征日誌

2016年5月、愛知県より日本一周中です(迫真)

沖縄より外地遠征中の16年組日本一周チャリダーのブログです。

台湾第二の都市高雄、昼の顔と夜の顔

ど……ども…超ご無沙汰しております、ガワです|д゚)


ブログの方は最後の更新より既にひと月以上ほったらかし状態でしたが一応、今も元気に海外遠征中でございます。


空白となってしまった一か月をざっくり説明すると、あの後高雄よりフィリピンに入国して、無事とは言い難いですがフィリピンを走り抜け、何とか出国…
現在は3ヵ国目、マレーシアのコタキナバルに滞在中です。


結局、フィリピンでは毎日ギリギリで一度も更新出来ず仕舞い(´_ゝ`)
余りにも情けない結果になってしまい、深く反省すると共に再発防止に向け(ry


とは言えフィリピンでもWiFiがある町も多かったり、
何気にリゾート満喫してたり、しようと思えば出来たのですが


もう割り切ってフィリピンの分は出国後落ち着いてから、
と最初にマニラを走り終わった段階で決め込んでましたm(__)m


決して、忘れてた訳じゃありませんゾ…
と言う事で溜まりに溜まった1か月分、徐々に更新して行きたいと思います( ゚Д゚)


言い訳はこの辺で…(´_ゝ`)

気を取り直して、まずはフィリピンの首都、マニラ!
…と参りたい所ですが
どうやら最後の更新って高雄に到着した時の内容なんですよね。


と言う事は高雄観光の内容から…
ほんの1か月位前の事なのですが、1年くらい前の事の様に感じます。
高雄の響きが懐かしくて懐かしくて( ;∀;)


改めまして高雄、台湾では2番目に大きな街…都市の方がしっくりします。


歴史も古く、歴史的建築物などの観光スポットも沢山あったので
台湾出国前に周ってみました!


まずは高雄観光の代名詞とも言える、蓮池潭へ。


台湾一周CR、環島一号も敢えて回り道をして
この湖を経由するように敷かれているので
台湾自体かなり推してるんだなぁと感じます。


それでは荷物は一旦宿に預け、身軽に湖畔へフラフラと。

高雄中心街から自転車で大体20分走って到着。
環島一号を頼りに街の中を進めば良いだけなので
地図が無くても迷いませんねぇ(*‘∀‘)

湖の風に乗るヨットが気持ち良さそう。


蓮池潭を囲むように自転車道が敷かれていましたが
ランニング客や観光客が多く、若干進み辛さが('Д')


しかし蓮池潭越しに高雄の高層ビル群と廟を望みます。
良い~眺めです。

このマッチングも高雄ならでは?

他にも見所満点の建物がここには密集しています。

こちらは有名な龍虎塔。
昼間は塔内に入る事が出来て
確か虎の口から入って龍の口から出ると縁起が良いとか何とか。

そこまで大きな湖では無いので、密度に驚きです(*´Д`)

門をくぐると…

何かの撮影もしていました。

確かに、雰囲気ありますね!
全て湖畔に建っていて、一気に周れます。
これは湖推しの気持ちも分かるような気がします。


早寝厳禁、夜の高雄へ…

続いては、ここからが本番?高雄の夜を散策します。
やっぱり台湾の観光ハイライトって言うと夜のイメージが強いですね。
台湾の夜と言えば、まずは夜市?
高雄の最大の夜市、六合夜市へ。
滞在中の宿から歩いて一分も掛からず。

キ、キター!タイムズスクエアです!絶景ですねぇ!

500m位のホコ天に、屋台がズラリ。
良い匂いがあちらこちらから…誘惑だらけだ…!


高雄は港町なので、魚介類がメイン。
中には見た事無い魚や何かが並んでいます。
一口目は勇気が必要だな|д゚)


他の地方の夜市と比べながら周るとちょっと面白いです( ^^)


そしてお目当ては宿の人から是非食べてと言われた炒飯の屋台へ。
愛想の悪そうなおじいさんがやってて結構並んでいるからスグ分かるとの事。


確かに、すぐ分かりました。
実際超美味しい、久し振りにこんなパラパラ炒飯食べたゾおかわり下さい!


その後は適当に散策した後、飲み屋さんへ。


そう、台湾では19歳の飲酒は合法!
郷に入っては、便利なことわざですね(´_ゝ`)


宿で会った同じく高雄初日と言う日本、中国、韓国人1人づつの合計4人で
日中韓合同飲み会開催です。

高雄の海鮮料理をつまみに、楽しい夜でした。


高雄の夜はまだまだこれから。

まぁ実際は2日目の夜ですが…1日ではとても周れません。
夜市以外にも見所満載なのが高雄の夜ですね~。


夜の蓮池潭は、建物がライトアップされていて美しいとの事。
再び湖へ…

確かに…人も昼間より少なく、景色も良い感じですね。
ランニング客に注意しつつ周ってみます。

ライトアップされた龍虎塔。
ふつくしい…昼間とはまた違った上品な雰囲気だ…!
やっぱり高雄のイメージってこれだぁ…

正面から見ても興奮しますねぇ!
残念ながら夜間は入場禁止でした。お口の中にシャッターが…

本来の姿では無いのですが、ライトアップされた建物にはやはり惹かれてしまいます。
勿論ライトアップとの相性もありますので、何でもかんでもライトアップするべきではありませんが。


続いてシティエリアに戻り、夜の名所。

愛河と書いて、そのままラブリバー。
いわゆるデートスポットです。

川沿いの公園には屋台とかパフォーマンス集団も来て
結構賑わっていました。しかしそれ故に独りであることが際立つ( ゚Д゚)


デートスポットと聞いて覚悟はしていたのですが、ここを最後にするべきでは無かった。

心に傷を負った状態で宿に帰ったのであった…


次は月世界なる場所へ行った後、いよいよフィリピンに向けて出発します。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。