ニッポニア遠征日誌

2016年5月、愛知県より日本一周中です(迫真)

沖縄より外地遠征中の16年組日本一周チャリダーのブログです。

フローレスの山の中で

403日目。この日はルテンという町まで走行。
ラブハンバジョ~ルテンは120キロしかなく、通常なら一日で行けてしまう距離です。


しかし、ここは毎日ワインディングのキチ勾配地獄…


自分の貧脚だと精々1日50キロが限界ですorz


適度を越えて限度('Д')

朝、マルワタ村を出発。

昨日の続きで、朝は平野部を走行。
マルワタの静かな朝を抜けます。

まぁしかしフローレスの平野部なんてものはホント気持ち程度しかないので

ですよね(;´∀`)

上の方は今日も曇りかな?


まぁ、フローレス二日目のワインディング開始!

牛さん、君も峠を前に休憩中かい?
俺も休みたいよ(;^ω^)

今日も登り応えのあるヘアピンだよ全く。

山間の村。

村の中をチンタラ押し歩いていると、さっき村の入り口で挨拶を交わした子供たちが走って来ました。


まぁ休憩がてら雑談でもと思ったら


何とコンテナを掴んで一緒に押し歩き始めたんですよ。


無言だし辛そうだし…


さては…!
ちょっとでも手伝って金をせびろうってか?
ガキのクセにいやらしいやり方するなぁ~(´-ω-`)
まぁ頼んでないし、一銭も払う義理は無いってはっきりわかんだね。


急勾配終わったらチャリに乗ってさようなら。金せびられても無視だムシムシ。

と思ってたのですが全くそんな事は無く
村を出たら最後に笑って自分たちの村へ帰って行きました。


・・・( ゚Д゚)←その時の自分


あまりにも情けない…色んな意味で…
東南アジアを旅する内に純粋な子供の好意ですらそんな目で見るようになったのか俺は…


外地に出て成長どころかクソ人間になってたって言う。


村を出る少しの間だったのですが、その気持ちだけで感無量でした。

その後も山間部を抜けます。

下り入りましたあー!
気持ちの良いダウンヒルです!


いや?これは…ああ…左手に川が見える…
もう分かったぞ…

ですよねー(;´・ω・)
これは日本でもおなじみ、谷底に突き落として上げるパターンや。

フローレスのトラディショナルハウス?・・・


レンガ造りとか茅葺はネシア内で沢山見てきたけど、このタイプは初見

現在、標高1500m越え。
まさかこの小さな島でこんな高所になるとは思っても無かったよ…

正真正銘、下りに入りました。

こんな狭い島なのに1500とか普通にあるから、その分急勾配になるんだよね。
まぁ道があるだけでもありがたいか…

うーん…降りそう?…

500m程下り、盆地の様な場所へ。

標高1000m、天空の田園風景ですよ!!

うーん、稲刈り後なのが残念(´・ω・`)

フローレスでは年に一回しかお米が取れないらしいです。
日本では当たり前だけどインドネシアでは3季作が普通らしいからな…

天気よかったら良い景色だろなー。

そして外輪山越え。

うぉぉ…!
さっきの1500m越えの疲れが大分溜まってる(;'∀')

やったか?!

やったのか?!と思ったら

またこのパターン(^O^)
これがきっと最後の坂だ、登り切ったぞオ!を何回か繰り返した後…

本日の目的地、ルテンに到着しました!!やったぜ。

チキンカレー。
ガンガン食べよう♪毎食食べよう♪
明日の為に…


昨晩も今晩も、凄い疲労感だ。
フローレスがスンバワみたいに宿が無い所だったら
恐らくマトモに走れてなかったろうな…


ベッドインした時の体の芯からジワーってくる感じがヤバい…
体力回復のSEが聞こえてきそうだ(;^ω^)

今日もぐっすり眠れそう…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。