ニッポニア旅行譚

2016年5月より、自転車で旅をしている人のブログです。

2016年5月、愛知県より日本一周中です(迫真)

沖縄より外地遠征中の16年組日本一周チャリダーのブログです。

長崎県、坂と島の旅

雲仙はもう長崎県に入るのか
昨日の買い出しで買ったカステラをテントの前で貪る朝。


それでは雲仙の温泉街よりスタートです。
この後海沿いに長崎まで進んだ後、五島列島にも寄ってみました。
結局福江島で風邪ひいて五島列島は一島周って撤退という情けない形になりましたが…


観光ハイシーズンのこの季節、観光客も少なく久々にゆっくり走れた気がします。

活火山の付近は温泉だらけだ!

昔、長崎の港が活発だった頃は外国人観光客に人気の地だったらしいけど…

今は良くある地方の温泉街。

海沿いに…

坂の町、長崎!

原爆が落とされた所としても有名な所だ…

深い所に行けばユニークなスポットに出会える…ような雰囲気の町だった。

とりあえず長崎港より船に乗船。
五島列島の旅スタート!結局一島だけだったけど

ごとうちゃこ…!

港で夜を過ごし、福江島散策開始!

洋上風力発電機。なんかカッコいいよね!


やはり行き付く答えはこれなのか…

沖縄でも奄美でもお馴染み、台風の影響を受け易い土地特有のサンゴの石垣。
現代の安上がりなブロック塀よりも強固な先人達の知恵の結晶。

離島特有のアップダウンに膝も喜んでるよ!

綺麗

ある集落にて

よっぽど凄い人がいらっしゃったのか個人のプチ博物館らしき施設が…

これ全部一人でやってるってすげえな…

日本一太くて高いのはいいけど、書けるかは別?

海沿いでも飽きませんねぇ!

伝統的な漁業の跡。どんな漁かは忘れた…

絵になる離れ小島を発見。

なんか日本っぽくない景色ですね。さすがはかつての最果て

その昔遣唐船が大陸に向かう際、ここが最後の補給地点だったそう。
辞本涯とは中国に渡る前、日本の果てで空海が残した言葉。

これはその時遣唐船をつないだといわれる、ともづな石。
集落の中にあったけど…昔ここは海底だったのか。


遣唐船を繋いだことで神格化。
現在は海の安全を見守る存在に。

綺麗な海!

素朴な集落!

そして山!

ここにも居たのか、隠れキリシタン…

最後に福江の自然を満喫した後、福江港に戻りました。
この頃には風邪でフラフラ、次の島に渡る気力もなく
佐世保港への船へ乗り込んだのでした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。