ニッポニア旅行譚

2016年5月より、自転車で旅をしている人のブログです。

2016年5月、愛知県より日本一周中です(迫真)

沖縄より外地遠征中の16年組日本一周チャリダーのブログです。

海から山へ。大陸半横断は後半戦へ

グレートオーシャンロード3日目。


本来なら2日くらいで抜けれるんじゃないかな~と思っていましたが
予想を超えるアップダウンの連続に苦戦
抜け出すのに3日掛かってしまいました。


まぁ今回はちゃんと脱出して次なるステージの
オーストラリアアルプスへ向かいたいと思います。

起床時の写真が無い…いきなり断崖絶壁からお送りします。


いやしかしこの辺の崖の景色は日本や東南アジアの道を思い出しますね~。

この手の道はご無沙汰でしたが、案外走り方は覚えてるモンです。
まぁ今までだって散々しごかれましたからね…


もう太ももの筋繊維に刻み込まれてるんです。
沁み込んでるんです。

海の景色。
国境越えても赤道越えても、大陸行ってもこれは変わりません。
安心します。

昼食は海を眺めながら…久し振りに気持ちいいランチタイムとなりました。

崖の区間が終わり、平坦な区間へ。
それと同時にグレートオーシャンロードは終わり。

ちょっと余韻に浸る(*´Д`)

この日は川沿いにて一泊しました。


翌日。
この日は移動日。
メルボルンをフェリーで迂回して北上
豪アルプスを目指します。


豪州第二の都市と言う事で迂回できるなら迂回したい。
この前も書きましたが豪の都市は中に入れば簡単なんですけど
潜入と脱出が面倒(;´`)

クラシックな黒い灯台がイカす、クイーンズクリフ港。

この町から船でソレントに渡れば、メルボルン迂回は成功です。

ベイエリア。

良い雰囲気の港なのですが
結局豪の港は一度も僕に青空を見せてくれませんでした。
恨みでも買ってしまったのか?…


短距離&需要大の航路と言う事で
ベイエリアで適当に時間を潰していたら次の便がやって来ました。

前回の動く橋を除けば、久々のフェリー!
正直あれはフェリーとは言い難い…

こちらは船内。


前船に乗ったのなんてネシアの
フローレス~ティモール間の超ローカル航路だったので
その、前回との差が、凄い。


船内は清潔感に満ち溢れてて、ゴキブリもハエも居ない。


長い事東南アジアの島々で旅をしてきた
薄汚い旅行者にとっては豪華客船に迷い込んだ気分。

対岸のソレント港に到着しました。

取り敢えずこの日はソレント付近のビーチにて…


翌日
ソレントのビーチにて起床。

今日は気持ちいい~ビーチサイドサイクリングが楽しめそうです(^ω^)

土曜の朝と言う事で道路はサイクリング客、ビーチはランニング客で賑わう。

日が高くなると海水浴客が気持ち良さそうにしてました(*´Д`)
SUPの人、気持ち良さそう~!


今思えばあの辺で2日くらいゆっくりしてビーチを満喫するのもアリだったかな。


いいな、とりあえずSUPしたい(`・ω・´)

まぁ、僕は僕なりにソレントのビーチを満喫したのでした…

ソレントを走り終えたマウントエリザより沿岸部とおさらばして北上を開始します。
次の目的地、豪州半横断後半の舞台は…豪アルプス!(しつこい)


余談

タスマニア州を除けば現在走ってるビクトリア沿岸部が豪州南端に位置するのですが
多分ここら辺にあるセブンが世界最南のセブンじゃないかなと。


ニュージーランドにあればそっちだけど、タスマニアなんてほぼ山だし
南米や南極には流石に無いでしょ…
ちなみに意外にもオーストラリアは南アフリカよりも南。


さらに翌日

川沿いの村クーウィーラップにて起床。
ここから90度進路を変え、真北に向けて突っ走りました。
豪アルプスがどんどん近付いてきます。


昨日に続き良い天気です。

アルプスまでは山と言うか丘の景色


このー…北海道の美瑛みたいな丘のアップダウンってやけに疲れる。

途中、ハリモグラ発見。
初見だやったぜ!うん想像以上に可愛いな。


この後ハリモグラ君がのっそのっそと道路を横断する
クッソ愛らしい癒し動画を撮ったんですけど、全てマレー川に流されました。


うーん…SNSとかに投稿しておくんだった…


フェイスブック画質でもいいから救出したかった…

段々と山の景色に。
オーストラリア大陸特有の丸っこい山も
なんだか日本に通ずるものがあって懐かしさを覚えます。

この日は舗装路の終点、ウォーバートン村にて一泊しました。

バイクカフェ(*‘∀‘)


この時点で薄々気付いては居たのですが、これより先はまたダート道。
それはあまりにも長く、険しいものでした(´・ω・)


確か以前、もうダートとはおさらばなんて書いたような気もしますが
結局またやる事になりました。


・東南アジア南下後
「よっしゃ!東南アジア突破!もうガタガタ道走らなくていいんや」


・豪州縦断後
「よっしゃ!ウーナダッタもフリンダーズレンジも突破!半横断は大人しくしとこ」


・半横断前半終了後
「なんだかんだ言ってまたちょくちょくダート入っちゃったな…
 ファッ?!豪アルプスなんてほぼダートやんけ!」


・豪アルプス終了後(現在)
「さすがに疲れたな…ニュージーランドでは大人しくしとこ」


結局今回もこんな感じ。そして恐らく、次回も。


今はもうしばらくダート走る気力無いんですけど
どうせシドニー着いてNZの事調べてる内に
計画表はダートだらけになるんだろうなと薄々自覚しています。


一度ダートの味を占めてしまった者はもう
ダート無しに生きて行くことは出来ない…


走行ルート


走行日数4日。
いい~感じに大都市を迂回する事が出来ました~

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。