ニッポニア旅行譚

2016年5月、愛知県より日本一周中です(迫真)

実際は沖縄から更に南を目指して海外遠征中なだけの
2016年組日本一周チャリダーのブログです。

フィリピン出国!強盗団と誤情報

どうも、こんにちは(´Д`)

今回はフィリピン出国について。


最後まで気が抜けないフィリピン出国、文章ばかりですが興味のある方は是非…


セブ島へ帰還

ボホール島でのライドを終え、セブ港へ戻って来ました。

セブ港には相変わらず長距離航路を繋ぐ大型フェリーがズラリ。
フィリピン各地に繋がっています。
調べてみたら、マジで船だけでフィリピンの端から端まで行けちゃうみたいです('Д')


さて、今後の流れとしては…


一旦マニラへ戻り、預けてた鞄とコンテナの受け取り。
その後フィリピンの南端、ミンダナオ島へ渡り
マレーシア領サンダカン行きの国際フェリーに乗るだけ。


サンダカン行きの船が出ているのはサンボアンガと言う町。
セブシティと航路で繋がっているので、後は船を乗り継ぐだけ!


だったのですが…

地球の歩き方と言うガイドブックに載っていたこの国際航路。


早速セブのチケット売り場へ行き予約しようとしたら…
なんと、もう何年も前に無くなっているそうじゃありませんか( ゚Д゚)


自分が購入した歩き方は2017年版。これは…やってくれましたなぁ(^q^;)


フィリピンに滞在できる時間も残り僅か。
このままではオーバーステイになってしまいます!

急いで他のルートを調べた結果、サンダカンの近くにあるコタキナバルと言う町への飛行機があったので結局またもや空路での移動となりました('Д')


チャリダーが空路で移動する場合は面倒だとあれほど(´・ω・`)
まぁ、背に腹は代えられぬというか…


今時国際フェリーなんてごく短距離の区間しかねぇよな…


とりあえず時間との勝負です。
パッキング用の段ボールも運良く一日で発見出来たので、早速航空券を手配。


間に合ったのですがなんと、ビザの期限最終日のフライト|д゚)
ギリギリでフィリピンを出国する事になりました汗


まぁ後は、マニラへ戻り荷物と合流するだけ。
一先ず安心です…


最後の最後に安心し過ぎて、気が緩んだのかも知れません('Д')


フィリピン出国の直前、またもや…

セブからマニラだったら、飛行機を使えば日帰りで行けちゃいます。
自転車は宿に置いて、日帰りマニラ旅行です('Д')


まぁマニラは最初にやったし、荷物受け取りに行っただけだし、ここはカット。


そしてセブに戻り、フィリピン出国の準備は整いました。
後はゆっくりと明日の午後のフライトを待つだけだったのですが…


フライトの前日の夜、強盗に襲われてしまいました。


フィリピン出国当日…

気付いたらフライト当日の朝を迎えていました。
昨日まで何していたか、何故か思い出せない。


そして、起き上がると強烈な目まい、吐き気に襲われたので
とりあえずトイレに直行でした。


うん、昨晩飲んだのは思い出した。
でも晩飯の時に頼んだビール一杯だけだし、これはいくらなんでもおかしいだろ…


こんな酒弱かったっけか…?

とりあえず水を買おうとしたのですが、財布が空っぽでした。


あれ?昨日空っぽになったのか…?


と思いながらフラフラと近くのATMへ…
しかし何と


残高がねえぞ!入金しろ!


1万円分下ろそうとしたらこの文字が。
いや、さすがにこれはおかしい。
結局数千円分しかありませんでした。


ここで、自分が昨日強盗に襲われたことをようやく思い出しました。
いや、こんな漫画みたいな話マジであるのかよ…と思いましたね('Д')


昨夜の出来事。強盗の手口

大使館の人の話によると、睡眠薬と言うか一種の麻薬みたいな物を摂った可能性があるとの事。
この時尿検査してたら陽性出るかもだって。
麻薬戦争最前線のフィリピンでそれって処刑されるんじゃね?


まぁ今は無事で大体思い出せたので、記憶の限り犯人の手口をご紹介します。


昨夜、大型ショッピングモールの書店にて。
観光雑誌コーナーの所で立ち読みしていたら、いきなり


「あなた日本人?」


と女性に話しかけられました。
今思えば怪しさ満点。
まぁ流石にこれはこの時ですら警戒しましたけどね。


そうですと答えて、しばらく会話をした後、
突然海を見に行かないかと誘われましたが断り、別れました。


多分、奴も共犯者だったんだろう。
あそこで日本人じゃないと言えば目を付けられる事もなかったのだろうか?
今思ってもしょうがないけどさ。


その後そのままショッピングモールでご飯を食べて帰りました。
フィリピンでの最後の晩餐です。


もうすっかり夜。明日はいよいよフィリピンとはお別れ…と思いながら歩いていると。


通行人に突然銃を突きつけられて、ホールドアップ。
暗くて良く分からなかったが、3人は居ました。
そしてやって来た車に為す術なく押し込まれました。


フィリピン人が持っている銃は全て本物と思っていいです。
今日いたショッピングモールにもショットガンやら拳銃が売ってますから。


しかし本当にいきなりでした。
多分、書店からつけられてたんじゃないかと思います。
人気がない時を見計らって、ここまで一瞬の出来事。


状況が呑み込めず、追い付いていない自分に対し車の中で
恐らく即効性のある睡眠薬?的なモノを含んだ物を食わされました。


逆らったら多分死亡、その恐怖で当時は何も考えれなかったと思います。


そこからは記憶がありません。
ただ薄ら意識の中で自分が犯人に担がれながらATMを操作しているのだけ覚えていました。
暗証番号を入手する為かと思います。


何でこんな事やってんだ?教えてはダメだとぼんやり思いつつも
何故か犯人の言う事に逆らえませんでした。


いや、逆らったらダメなんだろうけどさ。
当時はそんな事も分からない程昏睡状態だったんだろう。


逆らう意思はあるのに体が言う事を聞かない、恐ろしい体験。


ていうか外にあるATMの場合
ショットガン持った警官が警備しているハズなんですよ。
そこんとこどうしたんだ?そんな事を考えると更に恐ろしい。腐敗してやがる。


そして気づいたら宿で朝を迎えていた。
さっきのATMの話から朝まで、ここの記憶は全く無いです。


だから自分がどうやって宿に戻ったのかも分からず。
ここは今でも謎のままです。
どうやって宿に戻ったのか…


ただ、本当にここまで命があって良かったと思います。


結果的に盗まれたのは現金とカード情報。
足跡が残るからパスポートとかの貴重品はとらないそうです。


しかし強盗に遭った事を思い出した所で何も事態は変わらず…
ただ恐怖が蘇っただけでした( ;∀;)


思い出した所で…現実は厳しい

そして現在、フライトはもう午後に迫っています。


フライトの二時間位前にはチェックインしなきゃダメだし
自転車もパッキングしなきゃダメだし、早めに空港に行く必要がある。


即効性のある睡眠薬の副作用か?相変わらずフラッフラで、頭もロクに動きません。


何をするべきか、まずそこが分からなかったです。
とりあえず、日本大使館に転がり込もうとしたのですが
門の前で用件を伝えると、帰って来たのは


「強盗に遭ったなら大使館では無く、警察へ行ってください」


確かにそうなんですけど!!
時間が無いんですとの事を伝えると

「なら日本へ帰れ」


門の中にすら入れてもらえず
文字通り門前払いとなりました|д゚)


警察なんか行ったら確実にフライトに間に合わずオーバーステイになる。
罰金を払える金も今は無い。


そうなると恐らく強制送還でしょう。


この先旅を続けるにしても、続けないにしても
一先ずコタキナバルへ逃げるしか選択肢はありませんでした。


そこからはもう、まさに必死です。


フラフラの体に命令を下し空港へ。
パッキング&チェックイン完了。


たった2行で説明出来てしまう行程だか、実際は疲れます。
もう今すぐぶっ倒れたい気分でしたが、今寝たら絶対寝過ごす('Д')


無事に一段落。空港の待ち時間、そして…

これから自分はどうなるのか、まず何をすれば良いのか


そう考えている内に一瞬でフライトの時間に。


コタキナバル行きの飛行機に乗れた所で爆睡。
飛行機が飛び立つ時のGでも起きる事はありませんでした…


無事とは言い難いがフィリピンを突破。
フィリピン出国は一筋縄ではいかなかった…!

ボホール島を大満喫。珍獣ターシャ、蛍の乱舞、景勝地などなど…

どうも、こんにちは(*‘∀‘)


ガワです。


セブシティに着いたなら後は荷物を受け取りに行って
フィリピン出国に向けて動くだけなのですが


その前にセブから日帰りで観光が楽しめるという事で注目を集めている
ボホール島という島に寄ってみました。


日帰りとはいっても流石に自転車で1日で周り切るには無理があるので
結局3日の滞在となりました( ゚Д゚)


リゾートアイランド、ボホール島へ

セブ港からボホール島のタグビラランまで船で3時間程。
周囲200キロ程の小さ目の島なのですが
やはり1日で周るのには無理がある(;^ω^)

とりあえずセブ港のチケット売り場でチケットを買い

ゲートをくぐってターミナルへ、そしてチェックインです。
あー、まーた荷物検査かー…

タグビラランの港に到着です。大型ボートでの移動だったのですが
荷物や自転車は船内に入れてくれたので無傷。
さすがは主要航路だ…!

タグビラランの街並みです。
ボホール観光はここをベース地として周ります。


まだ日は高いですが、一先ず宿にチェックインして町をフラフラ。

タグビラランの町には所々にボホール震災の跡が残っていました。

教会とかの古めの建物は全滅だったんだろなぁ…


ボホール観光のハイライト、チョコレートヒルズ

翌日、ボホール島の代名詞でもあるチョコレートヒルズへ早速行ってみました。
荷物は宿に預け、身軽にライドです(*‘∀‘)


マニラの空港にでかでかとポスターが貼ってありましたから
フィリピンではかなり有名なんだろうなぁ…

タグビラランは世界中から旅行者が集まりとても賑やかなのですが
町から一歩出ればこんなまたまたこんな感じでした。
すんごいギャップです('Д')

チョコレートヒルズは島の中央辺りにあります。
ロボック川に沿って内陸エリアへ。真ん中を目指します。

何回か峠を越えたら、深い森に突入。

何故か沢山観光客が停まっています。
ただの森じゃねぇか…何があるんだろう…?

そして、いよいよチョコレートヒルズに到着しました。

わぁ…ほんとにキレ~な形の丘ですわ…

しかし、展望台に着いた所でスコールにやられました。


まぁ所詮はスコール。
一時間も待てばやがて雨は止み、そこには虹が掛かるハズだ。

結局2時間位待ちましたが、見事に晴れてくれました。
止まない雨は無いってはっきり分かんだね。

雨と晴れの景色、2つとも楽しめた訳ですが
やはりチョコレートヒルズは晴れが似合う(*´Д`)

その後はチョコレートヒルズを眺めながらダウンヒル。

手が付けられておらず、ありのままのビーチなどを眺めながら
帰路につきました(´・ω・`)


世界最小のメガネザル、ターシャを探せ!

ボホール島はチョコレートヒルズ以外にも、
世界最小のメガネザルといわれるターシャが生息している事でも有名です。


生息とは言ってもそこらへんに居る訳じゃなく、保護区とかに居るみたい…


とりあえずターシャと名の付く施設を手あたり次第調べてみて
実際に行ってみました。


保護区なので当然森の奥、何回かダートを走らされます。
だから、オフロード車じゃねぇって!( ゚Д゚)


駐車場に停まってる4WDが羨ましいぞぉ~。
帰りは是非乗せていただきたい(*´Д`)

案内所の所にちょっとした展示広場が。

全部読もうとしたら日が暮れるな…

これはターシャの骨格標本のようですね…
頭蓋骨見るとやっぱり目の所が尋常ではない。

ガイドに連れられ、保護区へ。

第一ターシャ発見!
しかしターシャは夜行性、起こしてしまったようだ…

めっちゃ睨まれました。ご、ゴメンよ…

凄い小さい。やっぱこんだけ小さいと可愛いく感じる(*´Д`)


夜のマングローブ林にて、無数に輝く蛍の光

2日目の夜、ボホール島で過ごす最後の夜と言う事で
ボホールの夜を満喫してきました。

ターシャを見た後、そのままアバタン川へ。

アバタン川のツーリストセンターで、受付。
夜のマングローブ林へカヤックで向かうので
先導してもらわないと迷ってしまいます(´・ω・`)


自分が一番乗りだったので、ガイドさんと二人きりで
蛍ウォッチに向かう事になりました( ゚Д゚)

後は日が沈むのを待つだけ…

アバタン川に沈む夕日。とても綺麗でした。

夕日ってつい何枚も撮ってしまいます(;^ω^)


そして日が沈んで18時半、夜のマングローブ林へカヤックで漕ぎ出しました。


マングローブの木に、無数の蛍が飛び交っています。
自然のイルミネーションのようでとても綺麗でした。


日本の蛍とはちょっと違い、サイズが小さ目でした。
その代わり、量が圧倒的です。
カヤックを操作しているので、写真は撮れないので
ただただ見惚れていました…


ボホール島最後の夜、よい思い出となりました。


次は遂に?激動の「セブシティ~フィリピン出国」についてです。
いや、マジで激動だった( ゚Д゚)

ビサヤの中心、セブ島上陸

どうも、こんにちは!


ガワです(*‘∀‘)


ネグロス島の悪路を突破し、遂にビサヤ諸島の中心セブ島へ。


セブ島はビサヤ諸島の中心、地理的な話ではなく
行政、交通、観光などの面ですね。


知名度も高い。日本に居てもよく耳にします。
ぶっちゃけ、首都のマニラより知名度高いんじゃないかな('Д')


そしてやはりセブと言えば思い浮かぶのはビーチ?
そんなセブで有名なのが、マクタンのリゾートエリアですが
今回はリゾートエリアはスルーして、セブシティの方に参ります(´_ゝ`)


なんかちょくちょく耳にするのですが、地元民から言わせてみれば
セブのビーチは大した事ねぇ、人の手により造られし人工ビーチ、などなど
色々嫌~な噂を聞きました(あくまで噂)


まぁ?リゾートはこの前ボラカイで満喫したし?
ビザの期限も迫ってるし、スルーとなりました(*‘∀‘)


明らかにこの前の5日が痛すぎるんだよなぁ…

セブ島上陸

ネグロス島サンカルロスより3時間強、セブ島のトレドに上陸です。
サンカルロスは15時くらいに出航したのでトレドに着いた頃には日没直前。


急いで宿を探します。
まぁ、セブ島にもなれば宿探しは苦労しません。沢山あります。


安そうなロッジにチェックインして受付の人と喋っていると
以前日本人チャリダーが泊まった事があるそう!
やはり居るんですねぇ。
是非自分も海外遠征中に他の日本人チャリダーにお会いしたい所です。


一先ず、宿で体と自転車を洗います。
どちらも泥だらけ。
足なんてもう泥パックみたいな事になってる。

身も心もスッキリした所で、夜ご飯。
看板があると、よそ者でも入りやすいね。


今までの島でも、町の食堂なら看板もあるしファストフードとかもありました。


しかし途中の村なんて、看板も無いしメニューもねぇ
自分以外の客は全て顔見知りみたいな食堂しかないからすっごい入り辛いんですよ…


まず客が居なかったら食堂かも見分けつかないって言うね。

まぁ笑顔で突入すれば歓迎してくれる場合が殆どですけど。

チャプスィというフィリピン料理なのですが、完全に八宝菜。
この中華料理がフィリピンに入って独自の物になるパターン、凄く多い。


野菜もたっぷりチャージ。泥も2日ぶりに落とした!
今夜は良く寝れそうだ…


セブ島の道

翌日。
すっかり雨は上がり、セブシティ目指してトレド出発。

トレドの教会。なんか町ある事に教会寄ってんな。
どこの勇者だよ。


トレドからセブまで、セブ島を横断する形で進みます。
トレドから出たらまずはシーサイドロード。快走( ゚Д゚)


しかしまぁ、島を横断するって事は…

ですよねーシーサイドなんて一瞬でした。


フィリピンの峠にはいい思い出は一つもありませんが…

さすがはセブ島です。全面綺麗な舗装路でした。
これなら登りに専念できる!

健全な勾配、綺麗な道。
今まで当たり前だった事が素晴らしいと思えるようになりました( ;∀;)

そしてフィリピンで初めてロードレーサーと会いました。
積載車を見るのは初めてだそうです。
どうせならフル装備を見せてあげたかったというか欲しかった(*´Д`)

そして峠を越えセブ島の東側に到着しました。
後は海沿いにセブシティに行くだけです。

ここからは基本的に町中。

10キロ程走れば、遠くにセブシティが見える様に。

大分近づいて参りました。
交通量も増える増える。

そして、遂にセブシティ到着です!
トレドから70キロも無いので、1日で着いてしまった。

都市部でお馴染み渋滞。常にこれだ。

セブ港にある、サンペドロ要塞。
セブも戦略的にみたら重要な土地らしく、砦が残っています。

しかし駐輪場に警備員が居なかったので
中には入らず仕方なく周囲をぐるぐるしただけです。


次は、サント・ニーニョ教会へ。

セブ島で最も歴史のある教会で、熱心な信者が常に祈っています。
異教徒は邪魔をしないように見学です。

まぁ実際見学するだけも邪魔だろう。
お経詠んでる隣でパシャパシャやられたらな。

なので、極力迷惑を掛けぬよう、ちょっとだけ見て速攻で帰ります。

教会の中庭。こんなに大きな教会は初めて見ました。

何だろう?

たまに見かける事はあっても結局分からず仕舞いだった…

教会の前にあるマゼランクロス。

昔、この十字架を削り取って煎じて飲めば万病をも治すと信じられ
削り取る人が後を絶たなかったそう。

天井に描かれた絵。
こういうの好きです(*´Д`)

良い時間になってきたので、セブ観光は引き上げて宿探しへ。
セブ島で初めて地球の歩き方が参考になった…


この日はそのままセブシティにて一泊、次はセブ港よりボホール島へ向かいます!