ニッポニア遠征日誌

2016年5月、愛知県より日本一周中です(迫真)

沖縄より外地遠征中の16年組日本一周チャリダーのブログです。

ジャワの古都にて、超高級コーヒーを味わう!

338日目。ボロブドゥールで見た朝日の余韻に浸りつつ、ジョグジャカルタへ向けて出発。


朝、一日のはじまり。それをあんな風に迎えれたんだ。
これは旅に限らず、朝から充実しているという日は終始よい気分( ゚Д゚)

遺跡を10時頃出発し、再び国道へ。
30キロ先はジャワ島観光の中心地、古都ジョグジャカルタ。
進む度にどんどん建物が増え賑やかになります。

各村の門もデカいです(゜-゜)

やっぱ国道って言うのは味気ないね(´_ゝ`)

まぁ補給には困らないので、ただ通り抜けるだけならそれに越した事は無いかな…
この日のお昼ご飯はミーゴレン。
東南アジア風、焼きそば!
日本のと味は全然違うのですが、これまたヤミツキになる味…


チャリにピッタリ、濃い~めの味。

そしてジョグジャカルタへ入りました。
二輪レーンがあるぞおおおおと興奮したのも束の間
インドネシアで路駐は悪では無いのでお察し…

ジョグジャカルタ中心のロータリー。
インドネシアらしからぬお洒落な街並みです。

ジョウロ持ったおばさんに銃担いだ兵士、なんだか良くわからない組み合わせだし
これ以上近づけなかったので詳細は不明のまま。

にしても、本当に綺麗な街並みですね…
チャリタクに乗せてもらってのんびり周るのも良いかも!

時刻は午後3時前。のんびり茶でも飲みたくなる様な時間。
そしてジャワ島来たら必ずやろうと決めてた事がありました。
遺跡よりも、山よりも重要度は上。


それはルアックコーヒー呼ばれるネシア産超高級コーヒー。


それがジョグジャで飲めるって言うんだから、行かずにはいられません!
丁度いい時間なので、お店に直行しました。


お店と言ってもカフェみたいな飲食店みたいな感じでは無く
スタッフさんが一対一で説明しながら淹れてくれる感じ。体験コーナーの雰囲気。

そしてこちらがそのルアックコーヒー。これで千円します( ゚Д゚)
日本で飲もうと思ったら五千円は用意しないとダメみたい。


右下がジャワ産、左下がバリ産、左上が一般的なジャワコーヒー。

肝心の味は…勿論だけど旨い。
「高級品」という先入観が更に美味しさを上げてるんだろうな。


産地によって味が異なり、飲み比べの結果はジャワ産は濃い目、バリはスッキリと言った感じ。
味の違いは地形の違いらしい…個人的にはバリ産が好きかも。
山々しいジャワは濃くて水々しいバリは薄口、なんとなく分かるかも。

そして驚くべきはその生産方法。

なんとこのコーヒーに使われている豆は、ジャコウネコの中で発酵させた物
つまりジャコウネコのフンから採った豆と言う事!!


一体どこの誰が猫のフンから採った豆で挽こうなんて事を考えたのかは分かりませんが
実際その方が美味しくなってしまったのだとか。

これはその行程。
右下から時計回りです。

そしてこの動物がジャコウネコ。
ルアックコーヒーの生産者。
お前の糞から採った豆で挽いたコーヒーをさっき飲んだよ(´・ω・`)

スタッフさんもフレンドリーで楽しかったです。

ルアックコーヒー店でゆっくりし過ぎたか。そろそろ宿へ行こう。
今日も40キロも走ってないので殆どオフ日ですね。


そして明日もジョグジャ観光をするつもりなので三日連続オフ(;^ω^)

今日の宿に到着。トラベルアドバイザーでも紹介されてた人気ホームステイ。
ちと高めでしたが、とても居心地よかったです('Д')

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。