ニッポニア遠征日誌

2016年5月、愛知県より日本一周中です(迫真)

沖縄より外地遠征中の16年組日本一周チャリダーのブログです。

富の国

こんにちは!この日はブルネイの首都、バンダル スリ ブガワン(BSB)へ。


石油で潤った豊かな経済や厳格なイスラム国家として有名なこの国
人も優しく町も綺麗で、素晴らしい滞在となりました(*´Д`)


首都BSBへ

ブルネイで迎えた最初の朝。

昨晩の土砂降りが嘘のように晴れました。

朝はモスクから歌?が流れています。
村中に響き渡ってます。

こちらはブルネイの市場。
物価が高いというイメージがあったのですが、全然そんな事はありませんでした。


ジャガイモと玉ねぎを三個づつ購入したのですが、これで1ブルネイドル。約80円です。
高い以前に、日本人感覚だと普通に安いじゃないか…('Д')
少なくともマレーシアのデパートよりは安い。

ブルネイ名物?水上集落です。

未だに沢山の人が住んでいるそう。

モスク風?の橋。東南アジアでここまで立派な橋が見れるとは…!

そして朝、20キロ程走って首都BSBに到着しました。
20キロ程度じゃ全然走った気がしませんが、今日はBSB観光と言う事でオフの日(*´Д`)


富の国の首都観光

BSBの街並み。

首都と言うのに、とても落ち着いた雰囲気。
道路を横断しようとすると、すぐに止まってくれます。優しい!


まずは、モスクへ行ってみました。

おおお…これは絶景ですなぁ…
純白がメインの建物に、黄金の装飾!
ドーム部分の金は本物の金らしいです。

色んな角度から見ても格好良いですねー|д゚)

正面の池越しに見るのがやはり一番映えますね…

無風の日はさぞ綺麗なんだろうな…

この日はそのまま首都のドミトリーに一泊。
800円とドミトリーにしてはちょっと高めな気もしますが、
首都ど真ん中、この清潔さなどを鑑みると充分安いかなと(´・ω・`)
エアコンやウォーターサーバーまで完備。ちょっと贅沢すぎんよ~


宿にチェックインした後は、BSB市街へフラフラと。

いろんな所からモスクが見れるようになってます!


ブルネイの夜

夜は宿で会った日本人の方と共に食事へ行きました。
お目当てはアンブヤットと言われるブルネイの郷土料理。

アンブヤットを食べようと言われるまでアンブヤットの存在自体知らなかったのですが
実際美味しかったです。かなり食べ応えがあります(;^ω^)

お箸の様な串で片栗粉?か何かで出来た生地を絡めとり
薬味につけたり具と一緒に食べたり…二日連続では食べたくありませんが
たまーに恋しくなる様な料理でした(*‘∀‘)


そして外に出ると既に真っ暗。

今朝行ったモスクもライトアップされて綺麗でした。

キレーに映ってます…!


そしてこの後折角旅人同士出会えたならば、この後2,3軒周ろうと思ったのですが…しかし
なんと、9時頃にはもうどこもかしこも閉店!


首都だろ?!なんか、もちょっと…ええ(;^ω^)
そう、ブルネイではお酒などが全く売っていない為、飲み屋はおろか食堂も9時には閉まります!
よい子過ぎる…!


ブルネイの夜は、予想以上に早かった…!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。