ニッポニア遠征日誌

2016年5月、愛知県より日本一周中です(迫真)

沖縄より外地遠征中の16年組日本一周チャリダーのブログです。

ビサヤの中心、セブ島上陸

どうも、こんにちは!


ガワです(*‘∀‘)


ネグロス島の悪路を突破し、遂にビサヤ諸島の中心セブ島へ。


セブ島はビサヤ諸島の中心、地理的な話ではなく
行政、交通、観光などの面ですね。


知名度も高い。日本に居てもよく耳にします。
ぶっちゃけ、首都のマニラより知名度高いんじゃないかな('Д')


そしてやはりセブと言えば思い浮かぶのはビーチ?
そんなセブで有名なのが、マクタンのリゾートエリアですが
今回はリゾートエリアはスルーして、セブシティの方に参ります(´_ゝ`)


なんかちょくちょく耳にするのですが、地元民から言わせてみれば
セブのビーチは大した事ねぇ、人の手により造られし人工ビーチ、などなど
色々嫌~な噂を聞きました(あくまで噂)


まぁ?リゾートはこの前ボラカイで満喫したし?
ビザの期限も迫ってるし、スルーとなりました(*‘∀‘)


明らかにこの前の5日が痛すぎるんだよなぁ…

セブ島上陸

ネグロス島サンカルロスより3時間強、セブ島のトレドに上陸です。
サンカルロスは15時くらいに出航したのでトレドに着いた頃には日没直前。


急いで宿を探します。
まぁ、セブ島にもなれば宿探しは苦労しません。沢山あります。


安そうなロッジにチェックインして受付の人と喋っていると
以前日本人チャリダーが泊まった事があるそう!
やはり居るんですねぇ。
是非自分も海外遠征中に他の日本人チャリダーにお会いしたい所です。


一先ず、宿で体と自転車を洗います。
どちらも泥だらけ。
足なんてもう泥パックみたいな事になってる。

身も心もスッキリした所で、夜ご飯。
看板があると、よそ者でも入りやすいね。


今までの島でも、町の食堂なら看板もあるしファストフードとかもありました。


しかし途中の村なんて、看板も無いしメニューもねぇ
自分以外の客は全て顔見知りみたいな食堂しかないからすっごい入り辛いんですよ…


まず客が居なかったら食堂かも見分けつかないって言うね。

まぁ笑顔で突入すれば歓迎してくれる場合が殆どですけど。

チャプスィというフィリピン料理なのですが、完全に八宝菜。
この中華料理がフィリピンに入って独自の物になるパターン、凄く多い。


野菜もたっぷりチャージ。泥も2日ぶりに落とした!
今夜は良く寝れそうだ…


セブ島の道

翌日。
すっかり雨は上がり、セブシティ目指してトレド出発。

トレドの教会。なんか町ある事に教会寄ってんな。
どこの勇者だよ。


トレドからセブまで、セブ島を横断する形で進みます。
トレドから出たらまずはシーサイドロード。快走( ゚Д゚)


しかしまぁ、島を横断するって事は…

ですよねーシーサイドなんて一瞬でした。


フィリピンの峠にはいい思い出は一つもありませんが…

さすがはセブ島です。全面綺麗な舗装路でした。
これなら登りに専念できる!

健全な勾配、綺麗な道。
今まで当たり前だった事が素晴らしいと思えるようになりました( ;∀;)

そしてフィリピンで初めてロードレーサーと会いました。
積載車を見るのは初めてだそうです。
どうせならフル装備を見せてあげたかったというか欲しかった(*´Д`)

そして峠を越えセブ島の東側に到着しました。
後は海沿いにセブシティに行くだけです。

ここからは基本的に町中。

10キロ程走れば、遠くにセブシティが見える様に。

大分近づいて参りました。
交通量も増える増える。

そして、遂にセブシティ到着です!
トレドから70キロも無いので、1日で着いてしまった。

都市部でお馴染み渋滞。常にこれだ。

セブ港にある、サンペドロ要塞。
セブも戦略的にみたら重要な土地らしく、砦が残っています。

しかし駐輪場に警備員が居なかったので
中には入らず仕方なく周囲をぐるぐるしただけです。


次は、サント・ニーニョ教会へ。

セブ島で最も歴史のある教会で、熱心な信者が常に祈っています。
異教徒は邪魔をしないように見学です。

まぁ実際見学するだけも邪魔だろう。
お経詠んでる隣でパシャパシャやられたらな。

なので、極力迷惑を掛けぬよう、ちょっとだけ見て速攻で帰ります。

教会の中庭。こんなに大きな教会は初めて見ました。

何だろう?

たまに見かける事はあっても結局分からず仕舞いだった…

教会の前にあるマゼランクロス。

昔、この十字架を削り取って煎じて飲めば万病をも治すと信じられ
削り取る人が後を絶たなかったそう。

天井に描かれた絵。
こういうの好きです(*´Д`)

良い時間になってきたので、セブ観光は引き上げて宿探しへ。
セブ島で初めて地球の歩き方が参考になった…


この日はそのままセブシティにて一泊、次はセブ港よりボホール島へ向かいます!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。