ニッポニア旅行譚

2016年5月より、自転車で旅をしている人のブログです。

2016年5月、愛知県より日本一周中です(迫真)

沖縄より外地遠征中の16年組日本一周チャリダーのブログです。

瀬戸内海に浮かぶ芸術の島

ぶらり瀬戸内海の島旅、本州帰る前にもう一島寄っちゃいます。

小豆島の西隣に浮かぶ小さな島…直島に上陸!


芸術の島として一気に有名になった島で
なんだか港からもお洒落さが滲み出ていますねぇ。

港から少し離れた所にはこの島のシンボル的なオブジェ、赤カボチャ。
直島上陸がハロウィン直前だった事もあり、一人でハロウィン気分に浸る。

こちらも港付近に鎮座するオブジェ。素敵…素敵?


まぁ(´_ゝ`)それでは芸術鑑賞ライドへレッツゴー!

瀬戸大橋を遠くに眺めながら直島シーサイド。

あぁ^~素敵~な時刻表~

集落にあるブドウ型自転車置き場…?

島の南側、今度は黄色のカボチャが。いや、黄色は普通なのか。

ここが写真映えするとか何とかで観光客に人気なんだとか。
休日は写真撮影の列が出来るらしいです。宗谷かよッ?!


平日は小豆島と同じく落ち着いている。

なんか低いね…これじゃあお辞儀も出来ないぜ…

他にも島の至る所に芸術作品がありました。

周ってて思ったんですが…やっぱり自分には芸術的センスが無いらしく

芸術とは何ぞや、と一人で考えながら周っていました(´Д`)


まぁ、一番考えているのは島民だよな。

そんな島民とお話しする機会がありました。
差し入れをいただいた事から仲良くなり

そのまま晩御飯にお勧めのお店へ連れてってもらいました。

名物カレー担々麺でカンパーイ!!

島の9時は本州の0時、という事で二次会はそのまま家でやる事に(´Д`)
島の人のお話も沢山聞けました。


その昔、観光客とは無縁だった直島。
歩いてても誰ともすれ違わず、すれ違っても大抵知り合い状態だったそうな。


それが今や外国人にまで知られる人気観光地になり
連休には何本もあるフェリーが座れないくらいパンパンになって観光客がやってくるそう。


ママチャリでも普通に周れる程度の島なので、どこに行っても観光客で溢れているのだとか。


自分以上に芸術に興味の薄い島の人たちからしてみれば、あの時の平穏が懐かしいと…


自分の住むところが観光地になるって、どんな気分なんだろなぁと考えされられた直島の夜でした。

それでは、直島を出発!今度こそ本州へ帰りましょう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。