ニッポニア遠征日誌

2016年5月、愛知県より日本一周中です(迫真)

沖縄より外地遠征中の16年組日本一周チャリダーのブログです。

チャリダーの一番長い日~豪雨の山で~

342日目。ブロモ山へ。
前回も軽く触れましたが、いよいよアタック当日です。


旅を始めて以来、最も長くて厳しい一日でした(´_ゝ`)

当然この日はいつもより早めの出発。
良い天気です(*‘∀‘)

朝少し走り、本日の目的地を捉えました。
あちゃ~雲掛かっとるがな…


まぁ明日は晴れると信じて走るしかないですね(´・ω・`)

早速山道へ入ります。

まずはこの看板がお出迎え。
ネシアでこの看板がある時は要注意だ('Д')

ちょっと意外なのは、普通に村があった事。
中にはワルン(ネシア版コンビニ)がある村もあったので、今の内に補給補給。


この先も村があるかどうかは分かりませんからね('Д')

いいですね登り応えありますねぇ!
しかし途中下車して写真を撮るべきではなかった…再出発ががが(^O^;)

徐々に村も少なくなり、本格的な山岳道路へと…

あらー…肩ガスってらぁ…ちと怖いな。


先を急いだほうが良さそう…なのですが

基本的に道はこれ。頑張って今急いだ所で、後半バテるのが目に見えてます(´・ω・`)


つうかなんっちゅう勾配だ。
ヘアピンカーブってよりクランク('Д')

追い打ちをかけるように道も悪くなり(´Д`)
正直漕げたモンじゃない(;^ω^)


そうこうしている間にあっという間にお昼。

運良く食堂を発見したので転がり込む。


既に今日はもうここで終わっても良いってくらい疲れてます(^O^)
まだまだ先は長いゾ…

これ…閲覧注意。
雨が降った訳じゃく、汗です。絞ったらバシャバシャ汗が出てきます(´Д`)

そして本日のお昼ご飯。
肉って言ったら牛肉ナシチャンプル出てきた!ビーフ!ビーフ!久々の牛旨い!
更に食後のコーヒーサービスまで。


うおおお!元気出たあああ!と思って出発しようとした矢先。

うおおお!泣


やっぱりな!!


食堂のおばちゃん、この辺に宿ある?と涙目で聞くも

ねぇよ。覚悟決めて上に行くか、諦めて下りるかだ(´_ゝ`)
(実際こんなクールじゃ無いけどこんな雰囲気)


…男なら行けって事でしょ?分かりましたよ。
自分も一応タマぶら下ってんだし(´・ω・`)


半ば強引に押し出される感じで食堂を出発。
あれはあれでおばちゃんなりの応援だったのかも知れない('Д')


それでは雨の山に突入します…!

道は思いっきり悪くなったけど、雨は止んだぜ!


しかし、高度が上がると同時に第二波、しかもこれが本番。

うわああ!川!


先日、ネシアで道路が川になるのは日常茶飯事だ( ・´ー・`)ドヤ
なんて事を書いた気がしますが、あれは所詮大きな水たまりレベルでした

これは最早比喩でも何でもなく、文字通り川!(^ω^)

これはひどい。

せっせと動いているにも関わらずどんどん体温が下がる。
侮るなかれ、山の雨。

そしてその後も走り現在高度は大体1300m。目的地は2770m。
時刻はPM4時。

道はこれ。
本来日没までにブロモ登山のベース地へ行く計画でしたが、どう考えても不可能。


という訳で作戦変更。


「夜通し走って登って、明日のご来光を見よう!」
今夜は寝かさないよ作戦、新たに発動!(^q^)


本来の使い方では無いし、思いっきりカテ違いですが、この時よぎった言葉は
1日は24時間あるんやでという偉大なる変態方の言葉。


実際かなり勇気付けられました(^ω^)


実行する計画では無かったものの、もしもの時のナイトランは想定内。
夜の準備はバッチリなのだ。

それではナイトランを敢行する!
明日の朝までに、何としてでも登ってやるッ!!


問題は、体力、精神面ね!(^O^)

しかし作戦を変更し夜通しやると決意し、前を見た瞬間。

なんか力漲ってきたぁあ!
川と化した道路を見る度、何故が興奮したのを覚えています。
体力は減ってるハズなのに、川に逆らって進む度にどんどんワクワクする!


問題無かったね!(^O^)


言い訳の材料は無くなったぞ!後は根性見せろ!ってか!


この後は写真とか一切撮らずに無我夢中に走ってた気がします。


そして辺りが暗くなった頃、これまた運良く食堂があったので最後の休憩。
昼から何も食べてないですが食欲は無く、
仕方なくご飯とスープを押し込み、しばらくWiFiに乗った後、出発!


既に完全に夜。
依然強めの雨が降っています。


気合はあれど体が言う事を聞かず
手押しオンリーにシフトチェンジして頂上を目指しました。


暗闇の中、キ〇ガイみたいな勾配の坂を押し続けました。

そして気付けば、草木も眠る丑三つ時。
マジかもうそんな時間かよ、と驚いたのを覚えてます。
シトシト雨に変わっていたのが、完全に止みました。


もしやと思いライトを消してしばらくジッとしていると。木々の間から天の川。


おぉ…どっか別の世界に入り込んじまったんじゃないか?と思う程。
まぁ時間も時間だしな…?(;‘∀‘)

にしてもさっきまで川の中を歩いてたとは思えぬ位穏やかで静かな夜…
ここまで綺麗だと逆に不気味。
このままあの世に連れて行かれない様に気を付けよう(*´Д`)


どれ程歩いたかはもう覚えていないけど
気付いたらブロモ登山のベース地、目的地の村に到着していました。


既にご来光目当ての客で活気に溢れています。


一先ず宿を探しましたが受け付けなんてしてる訳ないので、その辺の現地人に聞くと
丁度ホームステイを経営しながら観光客のピックアップをしてる人だった!


紹介された宿はとてもじゃなけど1000円の宿とは思えない…が、もう自転車が置ければ何でもいいので転がり込む。

本日のシャワールーム兼便所。
この水で汗を流せってか…なんだよこの色は( ゚Д゚)
けど今もブルブル震えてるくらいで寒かったので、浴びない。


一先ず着替えて、準備もそこそこにビューポイントへ出発。


手先の感覚はまだ曖昧だし、足はもう凍ってんじゃないかと思う。
靴下替えても靴ビショビショだしなぁクーン・・・


まぁ…後ちょっと…後ちょっと頑張れば…



題名通り長くなってしまったので、続きはまた次回に…(;^ω^)
ここまで読んで下さり、本当にありがとうございましたm(__)m

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。