ニッポニア旅行譚

2016年5月、愛知県より日本一周中です(迫真)

沖縄より外地遠征中の16年組日本一周チャリダーのブログです。

クチンより、インドネシアへ向けて。

どうもこんにちは(*´Д`)
またしばらくほったらかしてしまいましたが
自分のブログでタイムラグが一ヵ月以上は通常運転。


もう言い訳はせずにしれっと再開します。ゴメンナサイ。


330日目。

この日はマレーシアとインドネシアの国境の町、クチンより。

クチンとは現地語で「猫の町」という意味らしく、そこら中に猫の置物があります。

こちらマレーシアではお馴染み中華街。

勿論そこの通りにも猫。

まぁ…しかし本物の猫には結局会えず仕舞い( ゚Д゚)
クチン到着前は、もっとこう…ニャンニャンしてるイメージが強かっただけに、非常にショックである。


実はマレーシアからインドネシアを目指す場合クチンに寄ると200キロ程遠回りになるのですが、お目当ては自転車屋さん。


クチンは恐らくボルネオ島で一番大きな街なので、情報通りしっかりとしたGiantショップがありました。
スペアのチューブ、チェーン、パッド、オイルにルブ、しっかり補給!


店員さんに、この後はインドネシアに行くんだ!と言ったら一言、


山だし道が最悪、クレイジーだと。(実際その通りでした(^q^))


日本では誉め言葉だぜと思いつつお店を後に。インドネシアを目指します('Д')

クチン市街を抜けたら、ハイウエイの様な快走路。
この道を通るのは二回目…
しかし登りと下りで違う景色が広がってる場合って案外多いんですよね。

ネシアに繋がる道は、スリアンという村から伸びています。

スリアンの三叉路に到着!
今日は恐らく峠の途中で一泊する事になると思うので、スリアンでしっかり買い出しを。

やっぱり買い出しを済ませておいて正解だった。
国境ギリギリまでお店はおろか民家も皆無。

しかし後半は曇りで良かった。
峠の日にお日様なんて出てたらやってらんないよ。
冗談抜きで一歩間違えたら熱中症待ったなし。


この後マレーシア側に一か所トンデモ勾配の坂があり、この日はそこに全て持ってかれました('Д')
結局予想通りインドネシア入国は出来ず。

その先に丁度東屋があったので、この日は終了。

そしてタイミング良くスコールが降る…自炊なんぞ一時中断、いざシャワータイム!

スコールと言うより、夜まで雷雨が続いたものの…
いやぁこの日は良く眠れた…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。