ニッポニア遠征日誌

2016年5月、愛知県より日本一周中です(迫真)

沖縄より外地遠征中の16年組日本一周チャリダーのブログです。

南国の田園風景広がるパナイ島

どうも、こんにちは!


ガワです(´・ω・`)


次なる島はミンドロ島のお隣、パナイ島です。


ミンドロ島もローカルな雰囲気でしたが
パナイ島辺りになると、更にローカル度も増し…


村以外のエリアには車も滅多に居なくて
のんびりサイクリングが楽しめたのですが
今度は補給や宿の面で苦労する事になりました汗


まぁそれでも無事走り終えたので、キチンとご紹介します。


3島目!パナイ島

ミンドロ島より船で数時間、パナイ島のカティクランという町に上陸しました。
ここはボラカイ島なるリゾートアイランドへの船が出ている町で
世界中からの旅行者で賑わっています。

まぁ自分もボラカイ島へは行ったのですが
その話は長くなってしまうので次回へ後回し
今回はパナイ島ツーリングと言う事で(゜-゜)


ボラカイ島を楽しんだなら、この町に特に用は無いので早速出発します。

目的地のカリボまで42キロ。
ご無沙汰の交通標識。もうちょっといっぱい設置してくれ~

お昼頃に寄った村。のどかです…
昼と言うのに児童が通学しています。登校?下校?
いずれにせよ、フィリピンでは
微妙な時間に学生がフラフラしている場合が多いです。

この日のお昼ご飯は村の食堂にて。
ロミと言う料理らしいが、スープにマカロニ、少量の野菜と卵が入ってるだけだ( ゚Д゚)
まぁ、食堂が無い時は食パンで済ませてしまう事も多いので
味が賑やかなだけでも嬉しいです(*‘∀‘)

その後も平地を進む事しばらく。

カリボの町へ到着しました。
年に一回、あのお面を被った祭が開かれるそうで
その時には町の宿が全て埋まるらしいです。

カリボ市街の様子です。
他の村とは違い、人も多いし凄い規模だ…

カリボの宿にて。ビックリしました。
周囲に人影は無し、マニラだったら秒で無くなるよこれ。
大きな町とは言え、人は皆穏やかでした(^ω^)

翌日カリボを出発しました。
カリボから一歩出れば、また田舎道。
海が近いせいか、水々しい(*´Д`)

日が傾きかけた頃に、ロハスに到着しました。

ロハスさんの像。
元々は違う地名だったようです。

ロハスは空港のある町なので、とても大きいです。

この頃になると、大分宿探しにも慣れました。
なんせ今迄宿とは無縁でしたから…


有名な街ならネットとかにも宿情報が載っていますが
ミンドロ島の道中やパナイ島の途中の村など、情報は皆無。
旅行者との縁も薄い地域ですから、宿も少ないし(´_ゝ`)
最初は苦労したものです。


ロハスの町からはパナイ島を縦断するように
イロイロと言う町を目指しました。
内陸エリアへ突入です('Д')

パナイ島内陸部には田園風景が広がっていました。
ヤシの木と田んぼ…南国の素朴な絵面、良いですね…!

村を掠める時、たまに道路脇にフルーツ屋さんが並んでいる所があります。
何度かお世話になりました…やはり疲れた時のバナナは旨い。


この日はパッシと言う町の隣町にて一泊。
元々パッシの予定だったのですが
あまりにも落ち着かない雰囲気だったので急遽変更となりました( ゚Д゚)

大きな町ですが、中々よい雰囲気です。

宿を探していますと伝えると
紹介されたのが他にも沢山店の入っている建物。
しかし右の方にホステルの文字が見えたので、この町にもあったのかと思い安心。

部屋の前からの眺め。

部屋の中。広過ぎィ!部屋は一種類しかないそう。
1泊1500円…他に宿は無さそう。
でも高い代わりに、部屋にシャワールームが付いていた!

シャワールーム(シャワーが出るとは言っていない)


まぁ…とりあえず、今日は次なる島ネグロス島への
船が出ている、パナイ島で一番大きな街、イロイロ目指して出発です。

内陸とは言っても、南側は平坦でした。
田園風景の平地を一気に南下します。気持ちぃ~。

徐々に建物が増えて行き、遂にイロイロに到着しました。

相変わらず街は凄い交通量だ…!


イロイロにあるハロ教会。

街の大きさに比例するように、教会も立派になります。

他にも、何やら歴史がありそうな建物が…

じっくり見て周りたい所ですが、残念ながら船の時間が迫っているようで
イロイロはスルーして港へ直行しました。

イロイロのフェリー乗り場。凄い人数です。
大半は地元民ですが、旅行者の姿もチラホラ…
何だか少し安心しました。


それでは、次はネグロス島へ渡りたいと思います!
ですが次回はその前に、ボラカイ島のリゾートライフを紹介します(^ω^)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。