ニッポニア遠征日誌

2016年5月、愛知県より日本一周中です(迫真)

沖縄より外地遠征中の16年組日本一周チャリダーのブログです。

ここはOKINAWA。正真正銘、南国です!

どうもこんちちは!只今絶賛南国ライフ満喫中の、ガワです('Д')
この前の更新の後、鹿児島より25時間の船旅を経て遂に沖縄本島へ上陸しました。
12月も半ばになるというのにとっても暖かいです。
風が強くて肌寒く感じることはありますが、風を防げる物を持って行けばノープロブレム。
ここは正真正銘、南の国です(^ω^)


今回はそんな南の国沖縄の第一弾、本島上陸からご紹介します!


まずは、那覇に到着した所から。

着きました!沖縄!見て下さいこの青い空!(^ω^)
とかやりたかったけど、残念ながら港に降りたら既に夜。
那覇市街では野宿は出来そうになかったので、あらかじめ宿を取ってありました。
とりあえず、まっすぐ宿へ…

ゲストハウス、リトルアジア。本日の宿でございます。
この旅始まって以来初のゲストハウスです(*‘∀‘)


久し振りのオフトゥン…
船で散々寝たにも関わらず、倒れる様に眠りました。



~翌日~
この日は宿にてまったり。今後の準備や、日頃の疲れをリフレッシュ。
午後は宿に自転車を置いて那覇をブラブラ。

那覇のB級グルメや怪しい繁華街など、那覇の雰囲気を満喫できました|д゚)



~翌々日~
さて、那覇も満喫した所で行動開始です。
チェックアウトを済まして、いざ出発!


まずは那覇市街を脱出します。
ただでさえ狭い沖縄と言うのに、南部に密集しているせいで那覇市街は相当カオスな事になっています。

坂にまで建物がビッシリ。
交通量も多く、幹線道路以外は道も狭いので苦戦します( ;∀;)

何とか市街を抜け、落ち着いた雰囲気になってきました。
建物から沖縄感が滲み出ております( ゚Д゚)


落ち着いた所でまずは定番中の定番、首里城へ向かいます。


しかし首里城へ続く道は思いっきり坂道、落ち着いてなどいられませんね…
まぁお城ですから、見晴らしの良い高台に造るのは当然でしょうか(´・ω・`)


何とか到着です!では早速門をくぐります…

う~ん!やっぱり首里城と言えば、グスク特有の孤型石垣ですよね!
ホント見てて飽きません…!

門の前にはシーサー。

お勤めご苦労様です…

またも門らしき物が。グスク感たっぷりです。

横っちょに飛び出ていた龍。
オブジェ?排水設備?結局分からず仕舞いです(´・ω・`)

また門ですね。籠城戦を想定された造りでしょうか。
かつて激しい争いが起きていたであろう場所に居ると思うと、
何だか熱い気持ちになります。

そして次の門!
一気に雰囲気が変わりました。綺麗な朱色が目に染みるぜ!

遂に最後の門。
しかしここから有料エリア。
入場料(820円)が思ったより高く、断念。
だだって、門一つくぐるのに820円って…

なので、これで我慢です('Д')
さぁ~て折り返しますよ(^q^)


帰り道は城郭に沿って造られた物見台を通りました。

個人的に大好きな弧型石垣越しに、那覇市街を一望します。


まぁ、有料エリアは行かずとも、大満足です。
…べ別に負け惜しみとかじゃないし( ゚Д゚)


さて、お城を見た所でお次は民家へ行ってみます。
本日は景色より建築物重視のツアーとなります。
お天気もイマイチなので、丁度よいですね。


それでは中村家という文化財に向けて出発です。

しかしまたも坂道。
先程も紹介しましたが首里城までの道も結構登ります。
そこは分かります。お城ですから。
でも古民家まで山の上に建てなくてもいいじゃない…


「古いお家はもう山の上くらいにしか残ってなかったよ!」って感じ?

そんな事を考えている内に、中村家到着です(*'▽')

おお~。この雰囲気を感じたかった。


では、お邪魔しま~す。
入って、どうぞ。(幻聴)

はぇ^~すっごい居間…
居間と炉が近いと言うのは珍しい話ではありません。
しかしこれは近いと言うか、完全に合体してますね…

合体と言うか、大胆にも炉を間仕切りに使っているのか?
…どちらにせよこんな間取りは初めてです( ゚Д゚)
現代で言う所の、カウンターキッチンと言ったところか…古代琉球にその概念が存在していたとは、驚きです。


続いて、外観&エクステリアは…

絶景ですねぇ!
個人的に沖縄の古民家の瓦大好きです。

中庭には井戸でしょうか…?

こちらは豚小屋。馬小屋も見られました。
当時の自給自足生活が覗えます。


一通り周った所で、本日の目的地へ出発です。
もう一度西海岸へ降り、R58で嘉手納を目指します。

さすがの幹線道路ですね。何でも揃いそうです。
買い出し買い出し~(^^♪

北に進むにつれ建物が減ります。
フェンスがありますが、米軍の施設か何かでしょうか…

そして嘉手納到着です。

海沿いから少し離れて、道の駅かでなへ。
この道駅のすぐ横には米軍の飛行場があり、展望台もあるので修学旅行生やカメラマンに人気です。


…それは良いのですがいざ寝床にしようと思ったら色々大変な道駅でした。
察しの良くない方でも想像付くと思います(´・ω・`)
まぁ戦闘機とか輸送機とか、かっこよかったので±0です。


では、本日も最後までありがとうございました( ^^) _U~~


さて、次回は南の島の青い空!海!大自然!
の三本でございます(*‘∀‘)


それでは、ジャンケン、グー!


…こんな感じだったかな?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。